1. 足腰神社ランキングTOP
  2. 足腰で悩んでいる方へ
  3. 足腰を鍛えるウォーキングの仕方|正しい歩き方と注意点

足腰を鍛えるウォーキングの仕方|正しい歩き方と注意点

ウォーキングは足腰を鍛える効果があり、足腰の痛みの予防や改善にも効果があると言われています。
ただ、やり方を間違えてしまうと逆効果になってしまうことも...。
正しい歩き方や注意点などをご紹介していますので、マスターしておきましょう。

最初に知っておきたいウォーキングの効果

ウォーキングは脂肪を燃焼させてくれるだけではなく、血行の改善や骨を強くしてくれる、足腰の筋肉鍛えるなどの効果が期待できる運動です。

特別な道具も必要なく手軽に始められる運動なので、健康や足腰のためにも取り入れると良いんですね。
そのためか、最近では多くの方達が公園などでウォーキングしている光景を見かけます。

しかし、間違った方法で行なうと逆に足腰に負担をかけてしまい、痛みの原因ともなってしまうので、正しい方法で歩くことが非常に大切になります。

ウォーキングの正しい歩き方

体に負担がかからない正しい歩き方とは、以下のポイントを確実におさえておくことが重要。

  1. 背筋はまっすぐに伸ばして歩く
  2. あごを引いてお腹を引き締める
  3. 視線は前方を見るようにする
  4. つま先で地面を蹴り、かかとから着地するように歩く
  5. 腕はリズミカルに振る
  6. 呼吸は手足の動きに合わせて行う
  7. 普段よりも少し歩幅を広くして歩く

この7つのポイントを意識しながら歩くようにしましょう。

これだけは絶対にやってはいけないウォーキングの注意点

ウォーキングをするうえで絶対にやってはいけない注意点としては、無理をしないことです。

毎日継続して行うことは効果的ですが、体調が思わしくなかったり、痛みがあるなど、少しでも不調がある場合には無理をしないようにしましょう。

健康や足腰のためのウォーキングも無理をすると逆効果になってしまいます。

また、夏場や冬場のウォーキングも気温対策をしっかり行ないましょう。
もちろん水分補給も忘れずに。

持病があるという方は、ウォーキングを行なって良いどうかを事前に主治医に相談するようにしておくことも大事です。

足腰を鍛えるウォーキングの仕方|正しい歩き方と注意点に関連するコンテンツ一覧

スポンサードリンク